連続水位制御は、タンク内の水位を継続的に検出します。 アプリケーションの要件とプロセス液体の特性に応じて、非接触または接触デバイスのいずれかを利用できます。 GFレベルセンサは、アナログまたはデジタル信号を介して正確な水位情報を提供し、PLCとのインターフェースを容易にします。

タンク内の液面を完全に制御するために、ポイント水位スイッチを使用して、重要な充填水位を物理的に検出できます。これらの機器は、更なる安全性と制御を提供します。多くの場合、バックアップシステムとして連続水位センサと一緒に設置されます。また、充填および排出プロセスを直接制御するために使用することもできます。

レーダーでは、化学物質の煙、加圧されたタンク、気泡などの困難な状況でもタンク水位を測定する最先端の測定技術を使用しています。GFの非接触レーダーは、その安全性と長期的な信頼性により好まれており、腐食性および発煙プロセスの液体に使用されます。

激しく攪拌された液体または高密度の泡層を含む容器では、誘導レーダーレベルトランスミッタを使用することで、さらに信頼性が高くなります。低誘電性の液体や泡で優れた性能を発揮し、接触するプローブを液体から保護する高性能コーティングを備え、コンパクトなタンクに最適です。

ユニバーサルインターフェースにより、簡単に統合できます。ディスプレイまたはPC構成ツールを介したオンサイトでの簡単な試運転。タンク水位測定のすべての要件をカバーする1つのパートナー。

Georg Fischer Ltd - Osaka 本社 大阪営業所

4-27, Dojima 2-chome, Kita-ku 大阪市北区堂島2丁目4番27号 新藤田ビル20F

530-0003 Osaka 大阪

日本

GF logo on the headquarters building