バルブ寸法記入ツール

Valve Dimensioning Tool: How to find the optimal valve dimension

バルブとパイプの寸法は、多くの設置者によって同じになるように自動的に選択されますが、正確な流れにはバルブの寸法が小さい方が有利な場合がよくあります。この計算ツールは、設置に最適なバルブサイズを計算するのに役立ちます。

必要なバルブの型とパイプサイズを選択し、プロセスパラメータを入力します。次に、さまざまなバルブサイズから選択できます。選択したバルブの動作範囲が最適な場合、図の緑色の領域に2本の赤い線でマークされたバルブが表示されます。表示されない場合は、以下に従って修正してください。

  • 開き角度がフロントオレンジセクション(「振動」)にある場合は、小さいバルブサイズを選択します。
  • 開き角がオレンジ色の後ろの部分(「キャビテーション」)にある場合は、より大きなバルブサイズを選択します。
  • グラフに赤い線がない場合は、選択したバルブの範囲内に流量が入っているか確認します。

入口圧力(P1)と出口圧力(P2)の正確な値がわからない場合は、ΔP= 1 bar / 14.5 psi(ΔP= P1-P2)から始めることをお勧めします。

お問い合わせ

Georg Fischer Ltd - Osaka 本社 大阪営業所

4-27, Dojima 2-chome, Kita-ku 大阪市北区堂島2丁目4番27号 新藤田ビル20F

530-0003 Osaka 大阪

日本