バタフライバルブは、開閉が簡単であるだけでなく、さまざまなシステムコンポーネントと組み合わせるのに十分な汎用性を備えている必要があります。すべてのGF Piping Systemsのバタフライバルブはモジュール式であるため、ガスまたは液体配管システムに組み込みできます。それらの革新的な動作原理により、バルブシールを保護し、システムの全体的な耐用年数を延ばし、高性能プラスチックの耐腐食性を向上させます。

優れた耐腐食性

堅牢で高性能なプラスチック製のGFPiping Systemsのバタフライバルブは、腐食、化学物質、その他の攻撃的な媒体に対して高い耐性があります。

簡単な操作

合理化された設計によりトルクが大幅に削減され、バタフライバルブを「開」から「閉」に簡単に切り替えることができるため、運用効率が向上します。

延長された耐用年数

標準バルブは開いたときにバルブシールに接触するため、すぐに劣化します。GF PipingSystemsのバタフライバルブは、耐用年数を最大化する二重偏心設計のおかげで接触しません。

柔軟で広い用途

当社のバタフライバルブはモジュラー設計に基づいているため、さまざまなアクチュエータ、シーリングエレメント、フィードバックシステムと組み合わせることができます。

Type 578バタフライバルブ

耐腐食性の高いGF Piping SystemsのType 578バタフライバルブは、化学処理や工業用水処理での使用に最適です。用途の広い設計により、トルクが最小限に抑えられ、ウエハスタイルまたはラグスタイルのバルブとして使用できます。

567型バタフライバルブ

モジュラー設計とインテリジェントでありながらシンプルな操作原理により、GF Piping Systemsの567型バタフライバルブはあらゆるセットアップに最適です。このウエハスタイルのバタフライバルブは、耐久性と耐食性に優れたプラスチック製で、簡単に取り付けることができます。

Type 563バタフライバルブ

バタフライバルブ563型は、卓越した品質と経済的なバルブが要求される水生植物およびウォーターパークの要件を満たすように特別に設計されています。

Georg Fischer Ltd - Osaka 本社 大阪営業所

4-27, Dojima 2-chome, Kita-ku 大阪市北区堂島2丁目4番27号 新藤田ビル20F

530-0003 Osaka 大阪

日本