バット融合は取り扱いに注意を要するプロセスであるため、一貫して高い溶接品質を備えた均質な接合を作成するには、すべての融合パラメータを調整する必要があります。GF Piping Systemsのバット融合マシンは、歪みを最小限に抑え、ハイレベルの安定性を維持し、バット融合プロセスを可能な限り短くします。すべての発熱体は非常に信頼性が高く、装置は直感的に使えるコントロールパネルにより簡単に操作できます。

簡単な操作

すべての機械は直感的に使用できるオペレータインターフェースを備えており、現場での取り扱いと設置を容易にするために最適化された設定と機械設計を提供します。

プロセス効率

自動機能に対応した迅速なセットアップにより、すべての接合プロセスの合計設置時間とオペレータの作業が削減されます。

柔軟性

メカニカル設定と制御システムは、パイプとフィッティングの全寸法範囲、およびさまざまなアプリケーション要件に適合するように設計されています。

信頼性

高精度な融合パラメータ制御とメカニカルデバイスおよび電子ハードウェアの堅牢性が組み合わさって、高品質の接合と長い耐用年数が保証されます。

バット融合ツール

SSEバット融合ツールは、プラスチックパイプとフィッティングを接合するためのシンプルでコスト効率の高いソリューションです。これにより、信頼性の高い接合部の非常に正確な温度制御が保証されます。

CNC 4.0バット融合マシン

自動制御ユニットとオペレータガイダンス用のタッチスクリーンインターフェイスを備えた建設現場でのヘビーデューティー動作用の油圧バット融合マシン。現場からのリアルタイム通信に利用可能なBluetoothバージョン。

ECOS 160/315バット融合マシン

この油圧バット融合マシンは、建設現場でのヘビーデューティー操作に適しており、プラスチックパイプとフィッティングの取り扱いが簡単で信頼性の高い接合が可能なシンプルな構成が特徴です。

GF 800/1600バット融合マシン

油圧バット融合マシンは、大型のプラスチックパイプとフィッティングを備えた建設現場でのヘビーデューティー操作で使用されます。電気制御ボックスは、すべてのマシンデバイスへ電源コンセントを安全に提供します。

IM 160/315バット融合マシン

IM 160 – 315シリーズのメカニカルバット融合マシンは、産業用アプリケーションに対応しています。このシリーズには、さまざまなパイプの形状とサイズに対応するように構成できる、非常に正確で頑丈なマシンベースが付属しています。

MC 110ポータブルバット融合マシン

MC 110は、さまざまなサイズのプラスチックパイプやフィッティングを接合するために簡単にセットアップできるため、ワークショップや作業現場に最適です。頑丈で人間工学に基づいた部品は手で持ち運びでき、平削り盤は必要に応じて電気的または手動で操作できます。

PSO 701バット融合マシン

PSO 701は、輸送中の保護材と作業台を兼ねた木製の箱に取り付けられ、衛生システム内でプラスチックパイプを接合するコンパクトで持ち運びできるマシンです。発熱エレメントを取り外して、手動融合ツールとして使用することもできます。

TOP 2.0バット融合マシン

この油圧バット融合マシンは、建設現場でのヘビーデューティー動作に適しています。最適化されたオペレータインターフェイス、自動冷却圧力制御、Bluetooth接続を備えた統合データロガーにより、安定した接合品質が保証されます。

WM 315/630/1200バット融合マシン

ワークショップバット融合マシンのGF Piping Systems WMシリーズは、セグメント化されたプラスチックエレメントを迅速かつ効果的に接合するように設計されています。これらのユニットには、さまざまなサイズのパイプやフィッティングに対応するために、狭いクランプまたは広いクランプを取り付けることができます。

RU 160-630

狭い作業スペースに適合するように設計されたフレームレスクランプユニットで、ECOSおよびTOPマシンタイプと組み合わせて使用できます。

WR 200溶着レコーダー

手動バット融合マシン用の溶着レコーダー。

MD 160

MD 160は、フレームのないポータブルバット融合マシンであり、ワークショップや現場設置での事前製造に最適です。特定のアクセサリセットを備えたソケット融合クランプユニットJIG125に簡単に変更できます。

Georg Fischer Ltd - Osaka 本社 大阪営業所

4-27, Dojima 2-chome, Kita-ku 大阪市北区堂島2丁目4番27号 新藤田ビル20F

530-0003 Osaka 大阪

日本