強力で耐久性のある接合部が不可欠であり、時間が重要な場合は、セメンティングをお勧めします。プラスチック配管システムで使用するために特別に設計された、溶剤セメントと無溶剤セメントの両方が、2つのパイプエレメント間に強固な結合を形成し、動きや曲げに容易に耐えることができる接合部となります。

待機時間の削減

無溶剤のTangitRapidを使用すると、待機時間を短縮できます。1時間後、最大4本のバーの圧力を加えることができます。

強力で柔軟

セメンティング後、接合部を破裂させるリスクなしにパイプエレメントを移動または曲げることができます。

ツールとセメント

GF Piping Systemsは、あらゆる用途と設置に対応する幅広いツールとセメントを取り揃えています。

専門知識は不要

強力で耐久性のある接合部を作成するために必要なのは、クリーナー、セメント、紙、いくつかのツール、および互いに適合する2つのパイプ端だけで、すぐに開始できます。

Georg Fischer Ltd - Osaka 本社 大阪営業所

4-27, Dojima 2-chome, Kita-ku 大阪市北区堂島2丁目4番27号 新藤田ビル20F

530-0003 Osaka 大阪

日本