プラスチックダイヤフラムバルブのGF Piping Systemsシリーズには、さまざまなサイズおよびさまざまな圧力範囲の手動、空圧、および電気ユニットが含まれており、あらゆる配管システムに適切なバルブを提供します。パイプ内の液体のフロープロファイルを最適化するように設計されたこれらのバルブは、完全にプラスチックで作られており、優れた耐久性と信頼性があります。モジュラー設計により、プロセス条件に簡単に適合させることができます。

無制限の多様性

これらのダイヤフラムバルブはモジュール式であり、接続規格や接続技術、耐薬品性、または作動に対応するように設定できます。

最適化されたフロープロファイル

GF Piping Systemsは、すべてのダイヤフラムバルブのボディ設計を合理化して、内部のフロープロファイルを改善し、システム全体のパフォーマンスを向上させました。

プラスチックに最適化された設計の場合

革新的なプラスチック製のネジ接続により、従来のダイヤフラムバルブと比較してメンテナンスの作業が削減されます。

あらゆる配管設定に最適

手動、空圧、電気、小型、大型のいずれの場合でも、GF Piping Systemsのダイアフラムバルブは、あらゆる設備の運用効率を向上させます。

2ウェイダイアフラムバルブ

GF Piping Systemは、化学処理から水処理までのさまざまなアプリケーションでの使用を目的としており、幅広いダイアフラムバルブを提供します。これには、すべてのプラスチックおよびダイアフラム材料と組み合わせた手動、空圧、および電気操作が含まれます。

3ウェイダイアフラムバルブ

Tダイヤフラムバルブは、フロー制御および開閉作業に最適で、幅広いアプリケーションで使用できるゼロスタティックバルブです。革新的な設計のおかげで、バルブ周辺のデッドスペースが実質的になくなります。

Georg Fischer Ltd - Osaka 本社 大阪営業所

4-27, Dojima 2-chome, Kita-ku 大阪市北区堂島2丁目4番27号 新藤田ビル20F

530-0003 Osaka 大阪

日本