空圧および油圧作動油の動力システムに統合されるように設計されたGF Piping Systemsのソレノイドバルブは、高い精度と信頼性で媒体の流れを制御します。高耐性のプラスチック部品のおかげで腐食ゼロが保証され、損傷を受けやすいソレノイドエレメントはパイプ内の液体またはガスから密閉されて最大限に保護されます。攻撃性のある媒体を伝送するシステムへの取り付けに最適です。

優れた腐食保護

バルブのソレノイド技術は、液体または気体の媒体から密閉されているため、腐食から保護し、耐用年数を延ばします。

手動でロック可能なオーバーライド

すべてのバルブには、パイプシステムの試運転時またはメンテナンス後の試験の実行時に有効化できる手動オーバーライドが組み込まれています。

耐久性のある材料

これらのソレノイドバルブは、強烈なアルカリ性および酸性溶液に対して非常に耐性のある長寿命のプラスチックで作られています。

複数のアプリケーション分野

耐腐食性あるため、これらのソレノイドバルブのアプリケーションには、化学プラント、染色および洗浄設備、水処理システムが含まれます。

Georg Fischer Ltd - Osaka 本社 大阪営業所

4-27, Dojima 2-chome, Kita-ku 大阪市北区堂島2丁目4番27号 新藤田ビル20F

530-0003 Osaka 大阪

日本