定義上、減圧バルブは圧力下で十分に機能する必要があります。インテリジェントな設計のおかげで、GF Piping Systemsの圧力バルブはどの位置でも機能し、多数の配管システムに組み付けできます。寸法は非常にコンパクトで設置が簡単で、ストレーナを時々掃除することを除けば、特別なメンテナンスは必要ありません。さまざまな圧力範囲が利用可能です。

卓越した性能

さまざまな圧力範囲で利用可能であり、上流の圧力変動に関係なく、衛生設備およびそれに接続される機器の定義された圧力レベルを保証します。

最小取り付け高さ

これらのバルブの寸法は可能な限り縮小されており、非常に狭いスペースにも取り付けできます。

インテリジェントな設計機能

すべての水運搬部品は、飲料水設備に関する実際のヨーロッパの要件に準拠した青銅、ステンレス鋼、プラスチック、およびゴム製のシールで作られています。

最小限のメンテナンス

ストレーナは、唯一減圧バルブでメンテナンスが必要な部分です。メンテナンスが容易になるように設計されており、すぐに再稼働できるようになっています。

Georg Fischer Ltd - Osaka 本社 大阪営業所

4-27, Dojima 2-chome, Kita-ku 大阪市北区堂島2丁目4番27号 新藤田ビル20F

530-0003 Osaka 大阪

日本