レベルと深度を制御するためのGF Signet 2250静水圧レベルセンサは、腐食性液体との優れた適合性のために、一体型の射出成形PVDFボディとセラミックダイアフラムを備えています。
静水圧センサは、タンクの壁を通して取り付けられるか、タンクの上部から沈められ、液柱の重量を測定します。センサの変化、つまり圧力は、タンクレベルの変化に比例します。ケーブルの毛細管により、大気圧の変化を確実に補正できます。
これらのセンサーは、独自のデジタル(S³L)または4~20mA出力で利用できます。ユニオン接続と顧客提供の導管を備えた延長ケーブルとキャピラリーチューブにより、プロセス容器への水没が可能になります。

過酷な条件の影響を受けない

ハイエンドのPVDF、セラミック、FKM材料で製造された、GF Signet静水圧レベルセンサは、厳しい条件の影響を受けないため、過酷なプロセス環境での困難なアプリケーションに最適です。

一目でわかる表示

GF Signet 9900トランスミッタに簡単に接続できるため、測定値を表示し、設定を必要な場所に正確に調整できます。

極めて正確

高感度の静水圧センサは、わずかなレベルの変化でも検出し、蒸気、泡、または液面上のその他の破片からの誤ったレベルの信号を無視します。

電気めっきに最適

非導電性の一体出成形PVDFボディと非導電性センサアセンブリにより、センサがめっきプロセスに干渉しません。

Georg Fischer Ltd - Osaka 本社 大阪営業所

4-27, Dojima 2-chome, Kita-ku 大阪市北区堂島2丁目4番27号 新藤田ビル20F

530-0003 Osaka 大阪

日本