耐久性のある完全に成形されたプラスチック部品で作られたGF Piping Systemsの圧力調整バルブは、パイプシステム内の圧力を事前定義された値に保ち、過負荷のリスクを排除します。最新の圧力調整技術を搭載したこれらのバルブは、コンパクトで設置が簡単で、圧力を下げる、または保持するように設定できます。革新的なカートリッジ設計により、メンテナンスが最小限に抑えられます。

安全のための一定圧力

これらのバルブは、システム圧力を設定された制限未満または一定レベルに維持するのに非常に効果的であり、操作中の安全性を徹底します。

設置と設定が簡単

これらの圧力制御バルブのモジュラー設計により、既存のシステムへの統合や、必要に応じて圧力を下げたり維持したりする設定が容易に行えます。

不必要な機械加工

バルブは機械加工されていません。バルブの本体は成形されたプラスチックで作られ、外部ボルトがなく、耐用年数にわたって一貫した品質が保証されます。

最小の設置スペース

バルブの外形寸法は、性能を損なうことなく簡素化されているため、限られたスペースに設置できます。

582型減圧バルブ

耐久性があり、信頼性が高く、使いやすい582型減圧バルブの設計により、バルブ出口の圧力を低減します。これは、メインラインからのより高い圧力を低減するため、または過度の圧力による損傷から敏感なデバイスを保護するために使用されます。

V82減圧バルブ

V82減圧バルブは、耐久性があり、耐腐食性のあるプラスチックでできており、パイプシステム内の攻撃性のある媒体に対して密閉されたアクチュエータが備えられています。革新的な設計により、事実上あらゆる位置に設置できます。このバルブは、大きい寸法のパイプ用にも作られています。

586型圧力保持バルブ

オーバーフローバルブ、セーフティバルブ、または背圧バルブとも呼ばれる586型圧力保持バルブは、バルブ入口の圧力を常に一定に保つように機能し、動作に問題が生じないことを保証します。完全に成形された高品質のプラスチックでできているため、あらゆる配管システムにインテリジェントに追加できます。

V86圧力保持バルブ

V86圧力保持バルブは、バルブ入口の圧力を常に一定に保つように機能し、システム全体の動作に問題が生じないことを保証します。これは、大きい寸法のパイプ用に作られています。

Georg Fischer Ltd - Osaka 本社 大阪営業所

4-27, Dojima 2-chome, Kita-ku 大阪市北区堂島2丁目4番27号 新藤田ビル20F

530-0003 Osaka 大阪

日本