GF Signet pH / ORP電極は、汎用から過酷な媒体まで、あらゆる用途に使用できる独自の設計と長い耐用年数を備えた用途の広いプロセスセンサです。GF Signet 2751 pH / ORPスマートセンサエレクトロニクスおよびGF Signet 9900/9950トランスミッタに接続すると、顧客は幅広い機能と利点を利用できます。

メモリチップ対応

すべてのGF Signet pHおよびORP電極はメモリチップ対応であり、便利なデータストレージと幅広い独自機能へのアクセスが可能です。保存されたキャリブレーションデータ、操作データ、製造データ、および電極ヘルスモニタリングを組み合わせることで、トラブルシューティングとリモートキャリブレーションが容易になり、システムの停止時間を最小限に抑え、安全性を向上させます。

耐久性に優れた設計

耐腐食性の金メッキ接点を備えた特許取得済みのDryLoc®コネクタは、センサ電子機器への堅牢な接続を保証します。耐久性のあるハウジングは、機械的損傷から保護し、幅広い化学物質との優れた互換性を保証します。汚れをはじくPTFE接合部と特殊な配合 高性能電極に使用されるガラスは、プロセスの精度と寿命を保証します。

汎用用途向けの電極

これらのプロセスセンサは、最適なパフォーマンス、機器のコスト削減のために、高温、浮遊固体、高濃度の化学物質を含む過酷な媒体向けに設計され、メンテナンス頻度を減らします。

スマートセンサエレクトロニクス

GF Signet 2751pH / ORPスマートセンサエレクトロニクスは、最大限のプロセスとデータの整合性を確保しながら、診断、パフォーマンス、利便性を大幅に向上させます。 2751は、フィールドフリーキャリブレーションのソリューションであり、システムの停止時間、システムのキャリブレーション時間、およびキャリブレーションコストの削減に役立ちます。自動ヘルスチェックにより、時間のかかるメンテナンスとキャリブレーションも削減されます。

Georg Fischer Ltd - Osaka 本社 大阪営業所

4-27, Dojima 2-chome, Kita-ku 大阪市北区堂島2丁目4番27号 新藤田ビル20F

530-0003 Osaka 大阪

日本