GF 2290非接触および2291誘導レーダーレベルトランスミッタは、困難なレベル測定アプリケーション向けに作られています。

他の非接触または侵襲的な方法が失敗したときに正確に読み取る能力を備えた、GWR (誘導波レーダー)を使用する誘導レベルトランスミッタ2291型は、タンク内の可動部品がない困難なレベル測定アプリケーションのソリューションです。 レーダー信号はプローブアセンブリに送信され、低誘電性液体、重い発煙、わずかに 導電性の泡、内部タンクの障害物、乱流などによって引き起こされる干渉を排除します。2291型は、そのエネルギーをプローブに沿って集中させることにより、 限られたスペースでタンクまたはバイパスパイプに 設置することもできます。タンクの媒体に到達すると、レーダー信号はレーダーセンサに反射され、レーダーセンサは信号の 反射時間に基づいてタンクレベルを計算します。

タンク内に可動部品がある重い煙や高密度の泡層があるアプリケーションでは、2290非接触レーダーレベルトランスミッタが 正しい選択です。

安全で信頼性が高い

攪拌された液体、攻撃的な媒体、重い化学物質の煙、加圧タンク、泡などの困難な条件でも、信頼性が高く正確な測定。

取り付けが容易

トランスミッタHMIまたはGF Eviewソフトウェアを介して基本的なタンクパラメータを入力すると、デバイスの設定が完了します。プロセス接続とコーティングの複数のオプションにより、デバイスの安全で迅速な取り付けが可能になります。

優れた耐久性

ガイド付きレーダーレベルトランスミッタは、過酷な条件で接触するプローブを保護する高性能コーティングを備えており、さらに高い信頼性を保証します。

Georg Fischer Ltd - Osaka 本社 大阪営業所

4-27, Dojima 2-chome, Kita-ku 大阪市北区堂島2丁目4番27号 新藤田ビル20F

530-0003 Osaka 大阪

日本