配管システムに欠陥がないことは、水、ガス、化学プロセスプラントの所有者やオペレータにとって不可欠です。GF Piping Systemsの専門家は、現場で溶接部をチェックするか、最先端の認定材料試験ラボでサンプルを検査し、顕微鏡分析、目視検査、および実地試験を通じて「Fit for Service」認証を取得することができます。細部へ注意を向けることにより、プロジェクトの運用全体を通じて詳細な説明を受けた上での決断が可能になります。性能は保証されていますので、ご安心ください。

配管の完全性が不可欠な場合:

当社は、水、ガス、化学アプリケーションを常時稼働します。

資産に対する脅威の解決:

設計、運用、および設備のメンテナンス中に決定を下すために必要な情報を受け取ります。

安心材料:

サンプルは、最先端の試験所で検査されます。

実績のあるサプライヤーと信頼できる名前:

当社は60年以上の経験を持つプラスチック配管アプリケーションのスペシャリストです。

損傷が発生する前に防止するお手伝いをします。GF Piping Systemsは、配管システムが将来適切に機能するかどうかを評価するさまざまな方法を提供します。

科学に基づいて、システムのステータスに関する安定したデータを提供する2つのシステムを提供し、いつでも安心して運用できるようにします。超音波NDT(非破壊検査)は、設置時に試験オプションを提供し、一方配管状態評価は、配管システムの状態に関する実際のデータを取得するために稼働中に使用できます。

Ultrasonic NDT

システムを設置する場合、最も重要な部分は溶接です。これは、システムの最も弱い点と見なされることが多く、安全で信頼性の高い運用にとって非常に重要です。超音波NDTを使用すると、溶接が安全であるという科学的証拠が得られるため、自信を持って進めることができます。

Pipe Condition Assessment

システムが数年間稼働している場合は、運用を継続できるように、材料の摩耗をチェックする必要があります。パイプ状態評価は、メンテナンスを計画し、すべてがスケジュールどおりに進んでいるかどうかを知るのに役立ちます。革新的な試験および分析方法のおかげで、残りの寿命を推定するための状態評価を実行することができます。

リファレンスケース ベルギー・ゲントのFARYS水道局

水平方向掘削(HDD)トレンチレス技術で配水管を設置する際には、高い引抜力がかかり、溶接部の性能が損なわれる可能性があります。ベルギーのフランドル地方にある水道会社FARYS社は、この困難な工事のための完璧なソリューションを超音波NDTに見出しました。 

リファレンスケース フィンランド・ラハティ市における配管の状態評価

Lahti Aqua社は、水道(飲料水と廃水)を提供している自治体ですが、配管の推定寿命をより深く理解するために、GF Piping Systems社とパートナーシップを結び、包括的なレポートを作成しました。配管の状態を評価することで、年間約20kmの配管の交換を回避することができました。



専門家に相談する

弊社の専門的なソリューションにご興味をお持ちいただきありがとうございます。最適なサービスをご提供するために、お客様のプロジェクトについて簡単な情報をご提供ください。

当社のソリューション

Web

ProSite

専門的なリソース:材料の供給はいつでも準備ができています

関連システム

Georg Fischer Ltd - Osaka 本社 大阪営業所

4-27, Dojima 2-chome, Kita-ku 大阪市北区堂島2丁目4番27号 新藤田ビル20F

530-0003 Osaka 大阪

日本