Menu

プラントの自動化に対する需要の高まりは、 圧縮空気システムから隔離されているかアクセスできないバルブも自動化する必要があることを意味します。代替としてのボールバルブまたはバタフライバルブは、すべてのプロセスに適しているわけではありません。電気ダイヤフラムバルブを使用すると、空圧アクチュエータに圧縮空気を使用できず、後付けにコストがかかりすぎるプラントに、迅速で、低コストで、簡単な自動化を導入することができ、電源接続と制御信号のみで稼働できます。さまざまなインターフェイスにより、プロセス制御システムへの統合が容易になります。

value-bar-icon-3 100%の信頼性

電気ダイヤフラムバルブは、GF Piping Systemsの広く使用されている手動ダイヤフラムバルブに基づいています。GF Piping Systemsは、100カ国以上で過去10年間、攻撃性および研磨性のある媒体に対する標準として確立されています。全プラスチック設計のおかげで、従来のモデルよりもメンテナンスの負担が少なくなります。

value-bar-icon-5 迅速で簡単な設置

バルブとハウジングは、バルブに金属アクチュエータを配置したソリューションよりも大幅に軽量であるため、追加の支持や静的調整は必要ありません。アクチュエータは、追加費用なしでGF Piping Systemsの既存のダイヤフラムバルブに後付けできます。

value-bar-icon-2 簡単なシステム統合

ProfibusとModbusにより、プロセス制御システムへの簡単かつ迅速な統合が可能になります。アナログインターフェイスが代替品として利用可能です。電源異常時の統合リセットユニットと連続制御用のポジショナーを付属品として利用できます。

value-bar-icon-6 100%のセルフクリーニング

その設計と高精度の生産により、電動ダイヤフラムバルブにはデッドスペースがなく、常に水洗いをしています。したがって、常に破片がなく、高粒子媒体でも安定した信頼性の高いプロセスを保証します。

圧縮空気なしの自動化

電気ダイヤフラムバルブe-Diastarを使用すると、圧縮空気システムを含まないプラントや、妥当な労力で設置できないプラントをすばやく簡単に自動化できます。既存の手動ダイヤフラムバルブは、分解することなく簡単に後付けできます。

代表的な用途

  • 化学およびその他の産業
  • 天然資源
  • 発電
  • 飲料水処理
  • 排水 処理
Georg Fischer Ltd - Osaka 本社 大阪営業所

4-27, Dojima 2-chome, Kita-ku 大阪市北区堂島2丁目4番27号 新藤田ビル20F

530-0003 Osaka 大阪

日本