CO2計算機

金属パイピングシステムと比較した、プラスチックパイピングシステムの二酸化炭素削減量を計算します。

 

このCO2計算機は、2008年にGeorg Fischer Piping Systemsの依頼を受けたESU-services GmbH(スイス、ウスター:www.esu-services.ch)社が行った 「Life Cycle Analysis Pipes」レポートのデータを使用しています。

これは、原材料とパイプの製造中および異なるタイプのパイプ(プラスチックと金属)の運搬、排気、リサイクリング時に発生するCO2排出量を評価します。パイプの設置とアプリケーションは考慮されていません。

この調査に使用された基本データは、中心的な環境データ源として国際的に知られる「Ecoinvent」データベースから入手されています。

パイプのサイズとデータは公表された基準およびプラニングの基本から抜粋されています。