新しいSignet 9900 SmartPro™ トランスミッターを拡大フローラインと分析測定機器に投入

GF Piping Systemsは、新しいSignet 9900 SmartPro™ トランスミッターを拡大フローラインと分析測定機器に投入しました。新しいデバイスの特徴は、マルチパラメーター能力と、柔軟なモジューラビリティ、暗い場所でもひと目でわかる自動検出バックキット表示です。

新しいSignet 9900 SmartPro™ トランスミッターを拡大フローラインと分析測定機器に投入
Signet 9900トランスミッタは、数多くのパラメーターに単一チャネルインターフェースを提供します。これにはFlow、pH/ORP、伝導性/抵抗性、圧力、温度、レベル、塩分および4 から20 mAの信号を出力するその他のセンサタイプが含まれます。信号チャネル、マルチパラメーター能力、フィールドでアップグレード可能なモジューラビリティは、お客様のインベントリーレベルを抑制しながらサービスレベルをアップさせることが可能です。

エキストララージ自動検出バックキットディスプレイ

新しいデバイスの重要な特徴は、非常に大きな(3.90” x 3.90”)自動検出バックキットディスプレイで、その他のトランスミッタと比較して4-5倍遠くからでも見ることができます。この非常に明るいディスプレイと大きな文字が、読み間違いやディスプレイの数値の取得間違いを防ぎます。ディスプレイではユニット、メイン、2時測定が分かれており、ダイアルタイプのデジタルバーグラフもまた表示されます。その他の能力には、リレーと警告LED、および簡単にプログラミングができる指示メニュが含まれています。

柔軟性が高いプラグインモジュールで、変わりやすいお客様のニーズに簡単に対応することが可能です。オプションモジュールには、リレー、直接伝導/耐久性、H COMMおよびPC COMM設定ツールが含まれています。このユニットはデフォルト値で素早く簡単にプログラミングでき、また、ラベリングによるカスタマイズや、最小・最大バーグラフ設定調節、デシマル測定の選択などを設定することができます。多用途のデバイスは、8058コンバーターを使った入力として第三者の4-20mA信号を可能にします。

「9900トランスミッタは、お客様が当社のProcessPro® やProPoint® ラインに期待するような機能の多くを維持する一方で、新しい機能をお客様にご提供するために開発されました」と、Georg Fischer Signetのプロダクトマネージャー、Norma Frottonは述べています。「マルチプルパラメーター用シングルチャネルに加え、新しいディスプレイにより、他のトランスミッタと比べて4-5倍の距離から、暗い環境でも簡単に読み取ることができるようになりました」

9900はパネル版とフィールド取付バージョンで販売されています。共に12-32VDVパワーで作動します(24VDC定格)また、9900は互換性のあるセンサーでループパワーされます。出力の正確性は ±32 μA で、最大エラーは6 μA 以上の解像度で@ 25ºC @ 24 VDCです。基準と規格には、NEMA 4X/IP65、CE、ULおよびChina RoHSが含まれます。

多用途パラメーターとモジュラリティ能力におり、ユニットは様々なアプリケーションに適したモノになっています。その中には、排水処理、逆浸透、脱イオン化、化学薬品製造、金属・プラスチック仕上げ、ヒュームスクラバー、冷却塔、媒介濾過が含まれます。

GF Piping Systemsはプラスチックパイプ、フィッティング、チューブ、バルブ、アクチュエータ、ロータメータ、融合マシン、二次各納、タンクライニング、熱交換器、カスタム製品、センサ、工業プロセスコントロール機器の幅広い製品を提供しています。カリフォルニア州エルモンテにあるGeorg Fischer Signet LLCは、Signetフローと分析開発システムの開発、製造、ロジスティクスを行っています。