ハイクリーンデス 30 - システマテック殺菌ユニット

ハイクリーンデス 30 ユニットは、現場で要求される電子活性殺菌剤を生成します。飲料水への添加剤に関する長年の経験により高度で類のない規格を規定しています。

飲料水衛生設備の安全性

環境にやさしい殺菌方法を通して飲料水の安全を確保すること

10年以上、電子活性殺菌剤を使用した多くのユーザーがバクテリア(例えば、レジオネラやシュードモナス)に対する殺菌効率の良さを確認しました。ハイクリーンデス 30 ユニットは、冷水、温水のどちらに於いても、GF JRG の材料の使用期間を短くするものではありません。

ハイクリーンデス 30 ユニットは、飲料水装置システムを殺菌するとき、工場のオペレータにいくつかの利点を提供します。

Das Hycleen Des 30 System
  • 少量でもバクテリアに対する高い殺菌効率があります。
  • 飲料水装置システム内の保存効果
  • 飲料水条例11項で承認された殺菌剤
  • リスクが少なく、扱いが容易
  • リスクが少い:輸送及び保管に於いて危険性がない
  • 微生物学的に誘発される腐食がない
  • 微生物の成長を阻害する:バイオフィルムを除去する
  • GF JRG製品の製品寿命を損ないません:長年の経験により
  • 環境にやさしい殺菌剤
  • コストパフォーマンスの良い技術

最適な飲料水衛生の為の4つのステップ

gfps_Hycleen Des 30

常に高品質の飲料水を確実なものとする為に、冷水及び温水の供給は、1つの統合されたシステムとして考える必要があります。新設であれ、計画中の設備であれ、操業中の事故を最小限にする予防措置を考慮しておかなければなりません。既存の設備に於ける予防措置は、一次断水等の介入手段によって補われなければなりません。

現存する設備での理想的な解決策

全体的な水衛生概念は、予防、監視、介入、リスク評価の4つの分野から成ります。安全な飲料水衛生へのこのアプローチは、高品質の飲料水再生時に所定の状態にしなければならないので、特に既存の設備に対して多くの利点をもたらします。改修工事が実行されるとき、予防措置がしばしば取られます。他方、熱殺菌や薬品殺菌の介入手段は、理想的です。

GF JRGは、環境にやさしい、高効率電子活性殺菌ユニット(ハイクリーンデス30)にて解決策を提供します。長年の経験から、このユニットが以前に施工された既存の設備の材質に対しても考慮しているので、既存の設備に対しても理想的なユニットであることを証明しています。