プラスチックパイプで作られたバイオリアクターで育てられる未来の素材 - 藻

GF Piping Systemsは、ヨーロッパとアメリカで行われている藻の生産に関する最初のバイオリアクターの研究・開発に密接に関与しています。このアプリケーション用に設計された新しいパイピングシステムは、透明なプラスチックから作られています。LGem (NL)、TH Wildau (D)、Texas University in Austin (USA)およびAlgEternal (USA)といった開発パートナーとの連携により、藻の栽培用の最初のバイオリアクターが発表されました。

プラスチックパイプで作られたバイオリアクターで育てられる未来の素材 - 藻

LGemとの連携により、特殊な海藻をバイオリアクターで生産する試験が2007年により行われています。2010年、 Technical University Wildau in Berlinが開発パートナープロジェクトに参加しました。「新しいバイオテクノロジーが秘める潜在性は非常に大きいもので、投資も必要となります。そのため、私たちはパートナーであるGF Piping Systemsと共にリサーチを行っているのです」

バイオリアクター用の高性能パイプとフィッティングはGF Piping Systemsが開発しました。エンジニアは光の量と素材の持続性のあいだに適切なバランスを見つけることに成功しました。ポリ塩化ビニル(PVC)といったプラスチックは、長期間にわたり太陽光にさらされると変化するのです。新しいパイピングシステムは、耐UV性に優れ、光合成を通じてバイオマス生産を促進します。これらの特殊パイプの開発のために、GF Piping Systemsは既に2010年、国際的な「Gold Solvin Award 」を受賞しました。

藻は未来の原材料だと言われています。藻には40,000以上もの種類が存在します。これらは糖分、澱粉、オイル、オメガ3脂肪酸を豊富に含み、その生産性はとうもろこしの7倍にものびります。これらの植物はバイオマスとバイオ燃料に使用することができます。さらに、成長にCO2を必要とします。

現在、バイオリアクターを発電所につなぐ様々なプロセスが研究されています。これは環境に有害なCO2排出を削減し、同時にバイオマスを生み出すことにつながるでしょう。

バイオマスは化粧産業、魚加工といった食品産業で人気が高まっています。藻から作られたバイオジーゼルは、アメリカでは将来の燃料として考えられています。