サステナビリティレポート

Georg Fischerは、産業および社会的なコミットメントを長期的に行うものとして考えています。その目的は、関連するグループすべてにとって望ましいパートナーとなり、その責任を全うし、サステナビリティを重視した行動を取り、継続することです。

新しいサステナビリティレポート

気候変動と清潔な飲料水を提供するタスクは、社会が直面する環境と社会的に深刻な課題です。地球温暖化の結果は人類および環境に影響を与えています。その影響には、海面の上昇、降水パターンの変化、極端な天気の発生頻度の増加、そして熱帯病の拡大などが含まれます。Georg Fischerグループの企業3社はすべて、気候保護分野に貢献をすることをコミットしており、それらはプロセスと商品製造の両面で行われています。

Sustainability Report

Interim Sustainability Report 2014

The next full Sustainability Report will be published in 2016.

Sustainability Report 2013

Sustainability Report 2012

気候とエネルギー生産目的は、さらにエネルギー効率を高め、CO2排出量を削減することです。最も重要な方法は廃熱利用です。エンジニアリング工場からの廃熱は、暖房もしくは電力生産に使用され、その結果エネルギー消費量を削減することができます。近年みられる廃熱利用の大規模な拡大は、エネルギー節約に大きく貢献しています。

水持続可能な開発のための経済人会議によると、約10億人に飲料水へのアクセスがなく、25億人が基本的な衛生設備へのアクセスを持っていません。10万人以上の人口を持つヨーロッパの都市の60%でも、地下水を多く使っています。GFの製品は、この資源を効率的に使用し、水をさらに遠くまで供給するシステムや水処理、建築技術を提供しています。

Georg Fischerは定期的にサステナビリティ分野でのパフォーマンスに関するレポートを発表しています。包括的なサステナビリティレポートは、2年に1度発表され、要約バージョンは中間年に公表されています。レポートの期間は暦年です。


プラスチックパイプで作られたバイオリアクターで育てられる未来の素材 - 藻

GF Piping Systemsは、ヨーロッパとアメリカで行われている藻の生産に関する最初のバイオリアクターの研究・開発に密接に関与しています。このアプリケーション用に設計された新しいパイピングシステムは、透明なプラスチックから作られています。LGem (NL)、TH Wildau (D)、Texas University in Austin (USA)およびAlgEternal (USA)といった開発パートナーとの連携により、藻の栽培用の最初のバイオリアクターが発表されました。

お問い合わせ

Stefanie Koch
Corporate Sustainability Officer
Georg Fischer AG
Amsler-Laffon-Strasse 9
8201 Schaffhausen
スイス

stefanie dot koch #at# georgfischer dot com