Efficient Systems

当社のプラスチックパイプは、代替素材と比較して真の付加価値を提供します。その良い例は、PEパイプ、DN80のCO2排出量で、1メートルあたりで測定するものです。プロセス、材料採取、材料処理、製造、運搬、使用およびリサイクリング時に大気中に排出された温室化ガスの合計は、プラスチックパイプではステンレススチールパイプと比較すると5倍低くなります。これは様々なパイプ材のエコ調査で明らかになっています。

Efficient Systems

COOL-FITを使った冷却

エネルギー節約ソリューションは、補助的な冷却および冷蔵設備向けのCOOL-FITパイピングシステムに事前設置されており、エコで経済的なメリットを提供しています。これはGF Piping SystemsのABSパイプシステムに基づいたもので、フィッティング、バルブ、トランジションフィッティングでできています。COOL-FITは、「副次冷蔵システム」で特別に使用されています。このタイプの設備は、従来のシステムと比較し、80-90%保冷剤を削減することができます。そのため、COOL-FITはTEWI(総等価温暖化影響)に関し、50%以上既存のシステムを下回ります。

材料の選択、製造、日々の使用については、このシステムは従来の金属パイプよりもエネルギー消費量と資源保存面で大きなメリットがあります。

従来の銅を使ったシステムよりも優れたシステム

外部企業が、COOL-FITの環境性能分析を実施し、その他の冷却システムと比較した試験が行われました。この調査では、様々な素材から作られた事前設置パイプを比較し、これらのパイプの生産、製造法、そして現場での設置方法や断熱方法、そしてそれぞれの輸送方法が検討されました。試験では、COOL-FITパイプの製造、断熱、設置には、銅やクロームスチールを使ったパイプよりもエネルギーを必要としないが実証されました。事前にすべての断熱が行われ軽量なこの特許接合テクノロジーは、非常にエネルギー効率が高いものです。COOL-FITは従来の銅を使ったシステムと比べて、オペレーション時のエネルギー消費を約50%%以下に抑えることができます。


米国、カリフォルニア州、Jordan Wineryでのエネルギー効率:
http://blog.jordanwinery.com/2012/01/video-reducing-our-energy-consumption/

The new generation of diaphragm valves from GF Piping Systems: Maximize profits by maximizing flow

The new diaphragm valves provide twice the flow for the same amount of energy consumption. The secret lies in the optimized geometry of the valve body. Moreover, the new diaphragm valve offers linear flow properties, permitting optimal control characteristics, which in turn guarantees more stable processes. The weir of the outlet valve has been moved right up against the pipe wall. This reduces dead legs to an absolute minimum, ensuring a high degree of hygiene as well. The bottom line: higher efficiency, lower energy costs, minimized dead legs, maximum hygiene.

Membranventil