沿革

Georg Fischerは、Johann Conrad Fischerによる設立以来200年以上に渡り、事業を成功させてきたことを誇りに思っています。1802年に、小さな銅の溶錬工場と新しい合金の開発作業から始まったことは、それ以来私たちが現在認識している通り、世界的な工業面での懸念に拡大しています。19世紀末、当社は長持ちする可鍛鋳鉄フィッティングの製造を開始し、今日のGF Piping Systemsの基礎を作りました。現在、当社は、安全で信頼性の高い液体・ガス運搬用パイプシステムのリーディングサプライヤーとして市場で認識されています。常に変化にさらされているにもかかわらず、革新的な強みとお客さま中心の姿勢が、現在までGF Piping Systemsの価値を保ち続けています。

1800 – 1899
それでは、皆様を時間の旅にお連れします。メニューから期間を選択し、当社の歴史の中で最も重要なマイルストーンをご覧ください。
2016年から今日まで

2016

Joost Geginat becomes head of GF Piping Systems
The GF Board appoints Joost Geginat as new Head of GF Piping Systems. After a transition period starting in May as member of the GF Executive Committee he heads GF Piping Systems effective of August 2016.

GF Piping Systems acquires leading piping company in Indonesia
GF Piping Systems announces the acquisition of PT Eurapipe Solutions Indonesia. It offers a unique platform for further growth in this important country.  The company, located in Karawang, 80 kilometers east of Jakarta, holds a leading position in the mining business and other water related market segments.

GF Piping Systems to acquire two companies in China

The Chinaust Group, a 50/50 joint venture between GF Piping Systems and Lingyun Industrial Co., announces the acquisition of two Chinese companies: Shuchang Auto Part Co. Ltd and Lingyun Jingran Gas Valve Co. Ltd. Both have been trusted suppliers of the Chinaust Group for years. Their products are completing the supply chain of Chinaust in an ideal manner and strengthen its competitiveness.

2011 - 2015

2015

Record machine from KraussMaffei
At its location in Schaffhausen, Switzerland, GF Piping Systems brings a MXH 3200 – 101.000/101.000 from KraussMaffei into service. This injection molding machine, the largest ever to be installed in Switzerland in terms of clamping force and shot weight, manufactures large-volume pipe fittings with a diameter of up to 500 mm.

Major order for largest cruise ships
GF Piping Systems has receives a substantial order totaling more than EUR 15 million from the leading shipbuilding company STX France.

Packs a punch
GF Piping Systems adds the new diaphragm valve type 604/605 with integrated pneumatic actuator to its extensive product range. This long runner combines compact design with best flow performance for an economic price-performance ratio.

2014

Compact Pressure Regulating Valve in full plastic housing
GF Piping Systems adds a new full plastic Pressure Regulating Valve to its wide range of products. Its compact design ensures that the valve suits even in confined spaces. Due to consistant temperature expansion coefficients this state-of-the-art valve has a good long-term behavior, guaranteeing lasting stability without tightening or adjusting.

GF wins 2014 Supply Chain Management Award

At the specialized international Supply Chain Convention in Frankfurt am Main (Germany), GF Piping Systems, wins the 2014 Supply Chain Management Award for its outstanding end-to-end supply chain solution. The jury singles out the innovative services that have been developed for customers on the basis of the division's supply chain management.

First GF Water Technology Summit

The first GF Water Technology Summit takes place with 50 participating experts from around a dozen countries, such as USA, Netherlands, Israel, France and Germany. The summit focused on desalination, nanotechnologies and mobile water treatment. The summit provides an excellent platform for interdisciplinary exchange on water treatment and conveyance technologies.

2013

トルコのプラスチック・パイピングシステムの業界大手 Hakan Plastik AS買収
社外株式選択権で、GFパイピングシステムズはトルコのイスタンブールにあるHakan Plastik社の株式の過半数を取得しました。Hakan Plastik社は中東や東ヨーロッパ、トルコのプラスチックのパイプシステムの建築技術や水関連インフラ市場の大手供給業者です。ジョージフィッシャーとHakan Plastik社は共に地域全体のさらなる成長に向けての独自の基盤を提供いたします。

大規模な革新
GFパイピングシステムズのモジュールをベースとして2000件を超える優れたモジュール方式と柔軟線に富んだガス、水や工業向けの大口径のPEパイプの配管工事の実績があります。現場における工事を簡単で素早く安全に作業できる機能設計と互換性に優れた構成要素です。

GFブランドの再配置
顧客重視の会社として一つにまとめられた新しい企業理念のジョージフィッシャーの要因。確固たる唯一のGFブランドとして登場します。.

2012

アメリカのPEパイピングシステムのリーダー、IPPを買収
Georg Fischerによるダラスの独立系 Pipe Products Inc. (IPP) 社の買収は、米国における水インフラストラクチャー市場のGF Piping Systemsの地位を強化しています。IPPはポリエチレンパイプの製造分野と大型サイズの取付における米国有数のリーダーです。

561/562チェックバルブに関するイノベーションアワード
フランクフルトで開催されたACHEMA2012見本市で、化学薬品、製薬、プロセス技術業界の数多くの製品、装置、プロセスに賞が授与されました。エキスパートのパネルが、「バルブ/シール/パイプ/フィッティング」カテゴリーに置いて、GF Piping Systemsの新世代チェックバルブに賞を授与しました。

Caritasとのクリーンウォーターパートナーシップ
Georg Fischer CorporationとCaritas Switzerland は飲料水プロジェクトにおいて協力することに合意しました。設立10年を祝い、rg Fischer Clean Water Foundationは100万CHFを寄付しています。これらの資金を使って、Caritasは世界各地の最低35,000人に対して、2015年まで衛生的に改善された清潔な飲料水へのアクセスを提供します。

2011

米国の工業PVCパイピングシステムリーダー、Harvel Plasticsを買収
Georg Fischerは工業パイピングシステムの米国におけるリーダーであるHarvel Plasticsを買収し、GF Piping Systemsを世界的に拡大する戦略の実行に向けて大きな一歩を踏み出しました。同社は、ポリビニル(PVC)と塩素化ポリビニル(C-PVC)パイプの有数なサプライヤーで、水処理アプリケーションを中心とした工業アプリケーションに提供しています。

中国、Hainingの新しい生産工場
GF Piping Systemsはすでに中国で高いプレゼンスを確立しており、10カ所に生産サイトをR&D施設を有しています。2011年10月、GFPiping SystemsとLingyun Industrial Corpは50/50の合弁会社Chinaustを設立し、上海近くのHainingに新しい生産工場を設立しました。19,000 m2の広さを持つこの工場は、ガスと水の供給用ポリエチレンパイプを生産し、加えて直径3.5メートルの排水パイプを生産しています。

シャフハウゼンに新たな物流倉庫を
Georg Fischerは520万CHFを投資し、シャフハウゼンサイトに新しい物流倉庫を建設しました。建設後たったの8ヵ月後である2011年9月に最先端の倉庫が完成しました。総面積11,500 m2で約15,000パレットスペースを持つこの倉庫は、3,500もの異なる製品を保管する能力を有しています。10の雇用が追加で創出されています。

2006 - 2010

2010

新世代ダイヤフラムバルブ
Georg Fischerは、新世代のダイヤフラムバルブの販売を開始しました。最適で100%以上のタービュランスフリーフローカウンターにより、流量を平均的にすることが可能になりました。また、中心にある耐腐食性プラスチックスレッドと、ソフトトランジションの付いた丸い輪郭が摩耗と音の電波を防ぎます。

GF Piping Systemsが中国で非戦略的ビジネスから脱却
GF Piping Systemsは、約400万米ドルの収益を生み出すCentral Plastics Tianjin Ltdを売却しました。

特殊パイプでの環境に優しい藻のバイオリアクター生産に国際的なアワード
The Gold SolVin Award 2010がGF Piping SystemsにGeorg Fischer Corporationに属するグループは、新たに開発された半透明プラスチックを使ったパイピングシステムで国際的な賞を受賞しました。バイオリアクターとして藻の生育に使用する際、バイオマスとバイオ燃料を獲得できます。付加価値は、これらの植物が有害なCO2を取り込むことです。

スイス大統領が中国に新しい工場を落成
中国における GF Piping Systemsの10カ所目の生産サイトが落成し、中国でのGeorg Fischerの地位がさらに高まりました。現代的な製造技術を用い、GF Piping Systemsは完全なプラスチックパイピングシステムを生産しています。カスタムメイドでスイスの品質、そして地域のお客さまに提供されるトレーニングは、中国ではユニークなサービスです。北京の新しい生産サイトは、スイス大統領Doris Leuthardの立会いの下、正式に落成されました。

2009

インドの新しい生産工場
2009年4月、GF Piping SystemsはインドRatnagiriに新しい工場を開設しました。工業企業が数百万スイスフランを、ムンバイの南300kmにある港町の、この新しい工場の建築に投資しました。50,000 m2の敷地に作られた工場は、主にインドのガスネットワークを拡大するための製品を製造しています。 

2008

ミクロエレクトロニクスセクターの成長
2008年1月1日、GF Piping SystemsはSimonaが共同のJVに持つGeorg Fischer SIMONA Fluorpolymer Products GmbH(ドイツ、Ettenheim)の株式50%取得しました。これにより、GF Piping Systemsはミクロエレクトロニクスセクターにパイピングシステムを供給する地位を強化することが可能になりました。

RG Gunzenhauserの買収
Georg Fischer AG は、スイス、SissachにあるJRG Gunzenhauser AGの全株式を取得しました。JRGは、ヨーロッパにおける家庭用温水供給システムの有数なプロバイダーであり、優れたマーケットポジションを有しています。また、その販売チャネルはスイス、南ドイツ、オーストリアに渡っています。JRGの買収はGF Piping SYstemsにとって戦略的なステップであり、建築サービスマーケットで大きな強みとなります。

Georg FischerがAlfa Plastics Incを買収し、カナダでの地位を強固に.
Georg Fischer AG はカナダ、オンタリオ州トロントのブランプトンAlfa Plastics Inc.のビジネスを買収しました。この会社は、水処理、化学薬品プロセス、そしてその他の工業アプリケーション用にプラスチックパイプやバルブ、フィッティングを販売しています。Alfa Plasticsは、GF Piping Systemsと20年に渡り協働しており、カナダでの重要な販売パートナーです。.社名はGeorg Fischer Piping Systems Ltdと変更され、カナダでのGF Piping Systemsのビジネスの責任を担います。

シャウハウゼンの販売センターと生産工場への投資
GF Piping Systemsは210万CHFを投資し、販売および生産分野を拡大しました。この投資は高まる需要に対応し、納品のトラブルを減らし、操業プロセスを改善することを目的にしています。

USAのマーケットリーダーCentral Plasticsの買収
Georg Fischerはオクラホマ州 ShwaneeにあるCentral Plasticsを買収しました。この企業は、北米市場におけるガスと水供給パイプシステムのリーディングサプライヤーです。同社の買収により、GF Piping Systemsは世界的なユーティリティパイピングシステムのリーダーとしての地位を固め、アメリカにおける収益を2倍にすることが可能になります。

2007

Georg Fischerはプラスチックのノウハウで50年の歴史を有します。
1957年、Georg Fischerは、一連のプラスチックフィッティングシリーズの生産を開始しました。この機械を祝うために、GF Piping Systemsは224ページの記念本「50 Years of Know-how in Plastics」を出版しました。 

2006

主要な能力にさらなる焦点を
主要な能力に焦点をあてるために、Georg Fischerは、米国のIllinois Tool Works, Inc. (ITW)にGeorg Fischer Pipe Jointing Technology GmbHを売却しました。 

2000 - 2005

2005

新しいトレーニングセンターがオープン
スタッフとカスタマートレーニングの効率性を上げるために、GF Piping Systemsは約200万CHFを投資し、シャフハウゼンにある本社に新しいトレーニングセンターを作りました。お客さま、従業員、ビジターが、スペシャリストの指導の下、製品やシステムについて学び、トレーニングを受けることができます。

2004

強いブランド
ブランドポリシーの見直しが行われ、魅力的な企業デザインが導入されました。重きが置かれた点はGF商標の強化です。この新しいポリシーに関し、Piping Systems GroupがGF Piping Systemsに社名変更されました。 

2003

将来を見据えた再構築プログラムを実行
Georg Fischerは包括的な再編プログラムを実行し、利益率をアップさせ、債務を削減します。3つのコアビジネスが合理化されます。ヨーロッパにおける生産ロケーションが削減され、コアビジネスに属さないビジネスが売却されます。この再編プログラムの中で、GF Piping Systems1はイギリス、ベッドフォードの鋳造所を売却し、イタリアGenoaとイギリスのハンティントンのプラスチック作業所を閉鎖します。PVCの生産はシャフハウゼンに移されます。 

2002

クリーンルーム生産のジョイントベンチャー
GF Piping Systemsは Simona AG (ドイツ)と、フッ素樹脂パイプとフィッティングを製造する新しいジョイントベンチャーを設立しました。高純度パイプコンポーネントはクリーンルーム条件で、最高品質基準に従い生産されます。 

2001

マーケットセグメントへの焦点
飲料水と暖房施設のマルチレイヤーコンポジットシステムに対する需要は、ヨーロッパで急速に高まっています。Pipe Fittings Company Italia (Pfci) の買収はGeorg Fischerがこのセグメントでのマーケットポジションを強化することへの大きな一歩です。将来、さらに特殊な市場セグメントに効果的に注目していくことを目的に、Kubota Corp(大阪)とGeorg Fischer AG(シャフハウゼン)は、ジョイントベンチャーにおけるGeorg Fischerのシェアを50%から81%に引き上げることに合意しました。Kubota Georg Fischerという社名はGoerg Fischerに変更されます。 

2000

ジョイントベンチャーの成功
Georg Fischerは、シドニーに拠点を置くIndustrial Pipe Systems Company (IPS)を買収します。同社はオーストラリアと中国のガスと水セクターに供給を行っています。この買収により、Georg Fischerは1987年にLingyun Groupと設立した合弁会社ChinaustにIPSが有する50%の株式を買い取ります。 

1900 - 1999

1999

中国での統合および拡大強化
Georg FischerがCHG1,800万以上を投資した新しいPudong(中国)の子会社は、建築サービス、工業アプリケーション、ガス、水施設向けのプラスチックパイピングシステムを製造・販売しています。Omicron(イタリア)を買収することで、Georg Fischerはヨーロッパにおけるパイプ接合技術のリーダーとしてのマーケットポジションを強化し、アジアと南アメリカでの新しいビジネスチャンスを構築します。同年、Georg FischerはTecno Plastic S.p.Aを買収しました。これは、GF Piping Systems内にTPブランドの成功を取り入れ、新しい市場に参入することを目的にしています。 

1998

成長
ドイツのプラスチックパイプの製造メーカーであるDEKAの買収により、GF Piping Systemsの産業ビジネスを強化します。ボローニャのAlprene Group(イタリア)の株式を取得し、Georg Fischerは、配給システム向けの革新的なプラスチック圧縮フィッティングのシリーズを拡大します。スイス、SubingenにGeorg Fischer Wavin AGが設立されました。同社はガス、水施設向けにフィッティングを製造します。 

1996

北アメリカに初めての生産サイト
米国、リトルロックのR&G Sloane Manufacturing Companyを買収し、George Fischer Sloane Inc.を設立することで、Georg Fischerは初めて北アメリカでプラスチックフィッティングとパイプの生産を行う自社初の生産サイトを獲得しました。 

1995

企業の環境管理システム
企業レベルでの環境管理システムが設定されました。可鍛鉄フィッティングの生産と倉庫はSingenからTraisen(オーストリア)に移されました。 

1987 - 1991

再編プロジェクト
Schaffhausen-Singen再編プロジェクトのもと、鋳造業務がSingen(ドイツ)に集められ、プラスチックパイピングシステムはシャフハウゼン(スイス)に集められます。社が所有する土地もまた再検討され、別の用途に割り当てられるか売却されます。シャフハウゼンでは、GF Piping Systemsのために販売センター、プラスチック工場、現代的な試験ラボが建築されます。 

1987

測定と制御
Georg Fischerは、アメリカ、カリフォルニア州エルモンテのSignet Scientificを買収しました。同社は流量測定と制御を専門とし、分野におけるリーディングイノベーターです。Signetは、1969年に最初のプラスチックパドルホイールセンサを開発し、業界のベンチマークとなっています。 

1976

George Fischer Inc(Tustin)の設立
Georg Fischer IncがカリフォルニアのTustinに、パイピングシステムの販売会社として設立されました。同社は北、中央、南アメリカ市場を担当します。. 

1971

Seewisで生産開始
スイスのSeewisに、プラスチックバルブ工場が開設されました。

1967

T.I.L.の少数株式取得Genoa
T.I.L.GenoaはPVC製品を生産し、 5年後の1972年に買収されました。

1966

ハンティントンで生産開始
1966年、イギリス、ハンティントンにもう一つの生産工場George Fischer Plastics Ltdが開設されました。

1963

Tangitが開発
Georg FischerはPVC接着剤Tangitを開発しました。これは、1964年以降ヘンケルで生産されています。

1957

プラスチック生産開始
4年間のリサーチ後、PVCとPEフィッティングの最初の生産サイトがSingen(ドイツ)で設立されました。プラスチックの50年に渡るノウハウ

1933

Britannia Iron and Steel Works Ltd.の買収
Georg Fischerはベッドフォード(イギリス)のIron and Steel Works in Bedford社を買収し、イギリスでの可鍛鉄の生産を開始しました。

1903

商標登録
新しいGF商標が公式に登録されました。

1800 - 1899

1895

Singenに工場をオープン
Georg Fischer III (1864 – 1925)が1895年、ドイツのSingenにフィッティング工場をオープンしました。工場は、シャフハウゼン付近のメインビジネスの支店としての役割を担っています同時に、Singenに初めて社が所有する住宅不動産が建設されました。 

1865

アーリーマーケティング
91のガスライティング向けモデルを含む初のフィッティングカタログが発刊されました。

1864

可鍛鉄フィッティングの生産開始
Georg Fischer Iの息子でJohann Conrad Fischerの孫、Georg Fischer II (1834 - 1887)がシャフハウゼンの業務を買収しました。1864年、彼はヨーロッパで初めて可鍛鉄フィッティングを商業的に製造しました(鋳造パイプコネクタ)。

1802

シャフハウゼンの基盤構築
1802年6月3にしh、29歳のJohann Conrad Fischer(1773-1854)は、シャフハウゼンの外にあるMühlentalの水駆動工場を買収しました。彼は、それを銅製錬工場として使用し、新しい合金を開発するために使用しました。

ビジョンと戦略

ビジョンと戦略

当社の考えや行動、セルフイメージを形作るものについてご紹介しています。

当社の企業文化について

世界各地でのキャリアチャンス

Career
当社は個性を大切にする企業文化を有する国際的なチームに、チャレンジの多いタスクを与えています。
現在の募集職種をご覧ください。

成功プロジェクト

成功プロジェクト

当社のお客様にとって、当社の製品は重要なプラントコンポーネントや、モニタリング・コントロールプロセスユニットであり、販売供給システムの装置です。

参照